ITやAIの進展で予測困難な新しい時代に適応するために「頭脳」と「心」を磨く【マガジン情報・講習会・勉強会】今すぐチェック 

TOP >  講座・セミナー >  【時読み講座2022】 11月23日(祝日)開催!  破壊と創造の年2022激動年にあなたがやるべきことズバリ解説!

【時読み講座2022】 11月23日(祝日)開催!  破壊と創造の年2022激動年にあなたがやるべきことズバリ解説!

 

お待たせしました。
今年もこの時期がやってきました。

未来生活研究所が誇る伝家の宝刀、
「時読み講座2022」が11月23日(祝日)に開催です。

大変人気の講座のため人数に制限がございます。
ご希望の方はお早めにお申し込みください。

会場参加=90名 ZOOM参加=50名

「時読み講座」って何?

本講座は、3つの概念をもって未来を高い精度で予測して、あなたの未来計画に役立ててもらう講座です。
占いのように思えるかもしれませんが実態はまるで違います。

十干・十二支・ナインコード(易経)という何百年の歴史を持つ三学問を連動させて時の流れを読み解くため、それはもうずばり的中させます。

一つ前の「時読み講座2021」では【辛さを伴って世の中が激変。紆余曲折しながらもトライ&エラーを繰り返した人物だけが成功を収める】として2021年の行く末を導き、辛く厳しい一年になると断言しました。

すると、どうでしょう。
2021年、コロナ禍はさらに勢力を増しました。
飲食・観光を中心として数々の企業が倒産し、世の中は混乱に陥っています。

また、どうやって自身のライフスタイルを環境に適応させながら変えるべきか?
お悩みの方も多いでしょう。
失敗しながらもトライ&エラーを繰り返したものだけが成功をつかめる一年が2021年「辛丑」の特徴だったのです。

ほかにも、

・震度5以上の地震は3回以上起きる
・政府主導での経済となり金融緩和が活発に
・米中は協力の姿勢を見せ中国共産党の圧力が強まる

などを2021年の出来事として予測していました。
これは私の「25の宣言」のうちの一部ですが見事に的中しているのがわかると思います。

(2月13日には震度6、3月20には震度5の地震が国内で発生しています。
政府主導でさらなる金融緩和がどんどん行われています。)

2021年はなかなか良い結果が生まれにくい一年。
それを前もって知っていた人は、今も継続してチャレンジをしていることでしょう。
しかし、知らなかった人は結果が出なかったからといってすぐにあきらめ、翌年以降に大きな結果がでるはずのチャンスを逃しているかもしれません。

「時読み」とは、こうして未来の変化を学問から読み解き、事前に対策することでミスや失敗、機会損失を防ぎ、チャンスをつかむための究極の知恵なのです。


本講座では、壬寅に起こりうる災害やその地域。そして、あなたやあなたの大切な人を守るための防災について、未来を読み解きながら対策法をお話しします。
また、五黄の年に起こりうる政治・経済の傾向、人々の気質なども明確化します。

日本の新しいリーダーが決まった今、注意すべきことが多々あります。ビジネス、組織(コミュニティ)、副業、そして新しい日常。それらを総合してよい方向に導くための、時読み術をあなたにお教えします。

2022年に成功するビジネスの方針を提示しますので、どうぞご期待ください。


【時読み講座2022】
11月23日(祝日)開催!
破壊と創造の年2022
激動年にあなたがやるべきこと
ズバリ解説!
詳細、お申し込みはこちらから
http://miraia.co.jp/toki2022/