ITやAIの進展で予測困難な新しい時代に適応するために「頭脳」と「心」を磨く【マガジン情報・講習会・勉強会】今すぐチェック 

TOP >  Dr.Jの「病気を治す食べ方」

Dr.Jの「病気を治す食べ方」

ドクタージェームズの
「病気を治す食べ方」
(連載)

白米と玄米、どちらが体にいい?
「そんなの常識! 玄米にはビタミンとか、体にいいものが含まれているんでしょう。だから玄米」
あなたは多分そう思ったことでしょう。

しかし、それは誤りだと指摘するのが、ジェイムズ・E・カールソン医師です。

彼は食事で病気を治すことで知られています。
3~4か月待たないと診療の予約がとれないほどです。
すでに20万人の病気を食事で治してきたというのですから、驚きですね。

ジェイムズ医師の食事法は、バイオケミストリーの考え方がベースになっています。実は、彼自身も糖尿病を患い、食事だけで治した経験があります。

自ら食事で糖尿病を完治させた体験と、バイオケミストリーの考え方を融合させたのが、ジェイムズ医師が紹介するNY式の食事法です。

今までの常識を覆す、まったく新しい食事の概念を、あなたも学んでみませんか?


こちらでお申し込みいただくと、ドクタージェームズの 「病気を治す食べ方」の連載をPDF版でご覧いただけます。
※ダウンロード用アドレスをご案内します。
※今回登録いただいた方には、新規の記事更新情報を、メールにてお知らせします。



<LINE UP> ドクタージェームズの「病気を治す食べ方」

No.001エピローグ ※ダウンロードできます
あなたは知っているだろうか。医者の無知が大量殺人を招いていることを

<PART-1>健康にいい食事はどっち?
No.002玄米 vs 白米 ※ダウンロードできます
No.003イチゴショートケーキvsシュークリーム ※準備中
No.004蕎麦 vs うどん ※準備中
No.005オムライス vs カレーライス
No.006ブラック珈琲 vs カフェラテ
(続く)


■価格=無料
■取得方法=ダウンロード用アドレスをメールでご案内します。
注)入力の際メールアドレスは正しく入力してください。メールアドレスが正しくないとダウンロード用アドレスが送付できません。
■PDF受信可能な機器(パソコンあるいはスマホ)をご準備ください。
■登録いただきましたメールアドレスは、当社からのご案内用メーリングリストとしてのみ使用させていただきます。


Dr.Jの「病気を治す食べ方」(連載)※無料
お申し込みはこちらから↓↓↓


Dr.J 病気を治す食べ方



10代20代30代40代50代60以上