ITやAIの進展で予測困難な新しい時代に適応するために「頭脳」と「心」を磨く【マガジン情報・講習会・勉強会】今すぐチェック 

TOP >  時読み講座2021下半期版

時読み講座2021下半期版

金融資産崩壊、大地震、投資詐欺に備えよ

2021年下半期の展望をズバリ予想
時読み講座2021下半期版 
5月15日開催!
※会場参加は締め切りました
※動画受講のみ受付中です

こんにちは。
未来生活研究所所長の中野です。

2020年11月に開催した「時読み講座2021」。
そこで、私はこう宣言しました。

・震度5以上の地震は3回以上起きる
・政府主導での経済となる 金融緩和が活発に
・米中は協力の姿勢を見せる 中国共産党の圧力が強まる

2021年4月が終わろうとしていますが、いかがでしょうか?
これは私の「25の宣言」のうちの一部ですが見事に的中しているのがわかると思います。

2月13日には震度6、3月20には震度5の地震が国内で発生しています。

また、日銀の野口新委員は4月1日の就任会見で、金融緩和政策を評価する立場に変わったと発言したことにより、政府主導でさらなる金融緩和が行われることが有力となりつつあります。

4月19日には、これまでの対立とは一変し、米中が気候変動で協力合意したと発表がありました。

私は予言しでも占い師でもありません。
しかし、このように未来に起きる事象を高い精度で予測することができます。
それは、なぜか?

その答えは、「時読みの法則」を知っているからです。

「時読みの法則」とは直観やひらめきで未来を占うのではなく、学問をもって未来の予兆を事前に知ることができる唯一の手段(法則)です。

私はこの法則を知ってから10年以上になりますが、それからは未来の展望を大きく外したことはほぼありません。

未来の展望がわかっているからこそ、事業計画やライフマネジメントでも苦労することはありませんし、たくさんのチャンスをものにしてきました。

時の流れに身を任せるだけで大きな失敗やリスクから解放され、迷いなく人生を進んでいけるのです。

「時を得るものは栄え、時を失うものは滅ぶ」
古代の偉人の言葉ですが、まさに本質をついています。

いまは、社会が混乱を極め、何が起こるかわからない過去に類を見ない動乱期です。すでに歴史でも証明しているように、動乱期では時代に合わせ柔軟に対応できたものだけが豊かさを手にすることができます。

さあ、あなたはこの動乱期をどう乗り越え、豊かさを手にしますか?


2021年下半期はどうなる?

2021年下半期に豊かさを手に入れるキーワードはなにか。

先に言いますと、それは、「金融資産、健康、事業連携、リーダーシップ(先駆者)、正義、統率、株価、自然、災害、人災(サイバーテロ)、投資・・・」などがあります。

昨年おこなった「時読み講座2021」では、2021年は、2020年以上の【大変化が起きる年】と言いました。しかも、人々の暮らしにとって大きな打撃がでますと。

2021年は十干・十二支、ナインコードで見ると、「辛丑(かのとうし)」「天の六白」です。

辛丑の特徴は「辛いことに耐えしのぐ一年」。
前回の辛年は2011年。東日本大震災が起き、多くの人が辛さに耐えしのぎました。

2021年も同じく「辛(かのと)」の一年。
大きな自然災害が起きる可能性が高い年となりますので注意が必要なのですが、もうすでに国内でも震度5以上の地震が数回起きています。

これは、時読みの法則によると、まだまだ続きます。
さらには、地震だけでなく水害なども予測されます。

そして、ナインコードは「天の六白」。
六白年の特徴、それは人々の気質が「お金」に集中することです。

新しい生活様式も定着化しつつあるいま、消費者はお金にシビアでありながら、費用対効果があると判断した場合には惜しみなく金をつぎ込む傾向が高い年になります。

経営者の皆さんは、この現象をどう受け取りますか・・・?

これまでのやり方は通用しません。六白の年ならではの独自視点と経営センスを磨いていかなければ成功はつかめないのです。


下半期の展望と具体的な対策を
詳細にわたってお教えします

昨年11月に行った「時読み講座」から約半年。
2021年も5か月が過ぎました。

この5か月間、私はジャーナリストとして、政府関係者、企業人、投資家、マスコミなど数々を取材してきました。

そこで、わかったのは・・・
2021年の激動は下半期(7月から)にこそ起きるということです。

今年は確実に行われる衆院選を控え、5月~9月にかけ、様々な重大発表が政府や企業からあります。その中は、私たちの毎日の健康や仕事、ライフサイクルにかかわるもの。

いま、下半期が始まる前の5月~6月にかけて、私たちがすること。それは、来るべき激動の未来に備え、情報を正確に読み取り、未来に先回りした行動をとることです。

これができれば、2021年の下半期はビジネスのかじ取りで失敗することはありませんし、
あなたがとるべき行動に悩む必要も一切ないと、断言します。

本来、「時読み講座」は年1回だけ行うものでしたが、あまりにも変化が大きい2021年下半期。

備え、適切な対策を立てるためには、私がこの5か月間で仕入れた情報と知恵が必須と判断し、今回、時読み講座2021下半期版を開催することとなりました。

本講座では、2021年下半期に起こりうる災害やその地域。そして、あなたやあなたの大切な人を守るための防災について。

また、上半期の状況と結果を踏まえての、下半期における正しいビジネスの思考法、行動パターンを、時読みの法則に従って未来を読み解きながら対策法をお話しします。

2021年下半期の政治・経済の傾向、人々の気質やトレンドなども明確化し、成功するビジネスの方針を提示しますので、ぜひ、ご期待ください。

政権の変わる前の今、そして後、注意すべきことが多々あります。


講義日程・参加費他

時読み講座2021下半期版
【日程】5月15日(土) 14時30分~18時
※最大18時40分まで延長あり
【場所】都内(田町周辺)
※申込者に詳細を別途ご案内します
【費用】55000円(税込み)
※銀行振り込みとペイパルがお選びできます
【受講形式】会場参加もしくは動画受講
※動画受講とは、当日の講義を撮影したものを後日配信するスタイルです
※動画視聴のためのIDとパスワードを後日ご案内します
※編集のため開催日から動画ご案内まで2週間程度お時間をいただきます


お申し込みはこちらから↓↓↓
時読み講座2021下半期版
※会場参加は締め切りました
※動画受講のみ受付中です


【ご注意とお願い】

※登録するメールアドレスは携帯系アドレス(docomo、ezweb、softbankなど)以外のメールアドレスをご登録ください。後日送付する添付資料を送付できない場合があります。パソコンでご利用中のメールアドレス、あるいはGメール、Yahooメールを新たにご用意していただくなど、携帯系メール以外のメールアドレスをご登録ください。
※登録いただいたメールアドレスは動画視聴用のIDとパスワード、講義資料(PDF)の送付、当社からのご案内等の送付で使用します。
※お申し込み後、返信メールにてお支払い方法をご案内しています。
※当社業務の都合上、代金の入金確認にお時間がかかる場合があります。あらかじめご了承ください。
※登録時のお名前とお支払い人のお名前が異なる場合(個人名で申し込み、支払いは別名の名義人あるいは団体名など法人名義の場合)、あらかじめ当方にお教えください。講座のご案内が遅れる場合があります。



時読み講座2021下半期版


動画受講






銀行振込クレジットカード(ペイパル)


NO(必要なし)YES(必要)