ITやAIの進展で予測困難な新しい時代に適応するために「頭脳」と「心」を磨く【マガジン情報・講習会・勉強会】今すぐチェック 

TOP >  時読みマーケティング2022

時読みマーケティング2022

予測不能時代に勝つビジネス講座
「時読みマーケティング2022」
6月5日(日)開催!!

時を得るものは栄え
時を失うものは滅びる
今こそ「時」を味方にして勝者になれ!
昨年は200名以上が学んだ大人気講座を今年もやります!

2022年は、十干・十二支でいう「壬寅」の年、ナインコードでは「ガイアの五黄」の年。

この2022年は、辛い辛い人災、自然災害が起きる傾向が非常に高い年です。また、【破壊と創造】が重大テーマの一年であり、既存の古い概念や慣習を壊し、まったく新しい手法をビジネスに取り入れていくことが成功をつかむ鍵となります。

また、人の強い気持ちが社会を作るガイアの五黄年であるからこそ、2022年度後半では起業ブームが巻き起こり、ベンチャー企業が活躍していきます。

さて、あなたがもし、経営者や個人事業主、もしくは経営の裁量権のある役職者ならば、今年の事業展開をどう見据えていますか?

「昨年は順調だったから、予算の配分や方針を変えずにいこう」
「昨年好評だった商品やサービスを現状維持で売っていこう」
「過去2~3年のデータをもとに、今年の事業計画を立てよう」

もし、どれかひとつでもあなたが考えているとしたら、いますぐ、その考えを捨てましょう。

なぜか?

それは、『時読みの法則』に従えば、2022年、【企業は自社のマーケティングを徹底して見直して、古い習慣を捨て、新しい息吹を取り入れることが、翌年以降の繁栄につながる特異な一年】だからです。

時読みマーケティングを制するものが、2022年、2023年で成功を得る。
そう、断言できます。


「壬寅」の年。
社会はまったく別のステージへ
発送転換で成功を導け!
なぜ、2022年は「時読みマーケティング」が重要な年になるのか?

前述したように、2022年は、【破壊と創造の年】です。時代に合わないものは容赦なく破壊されます。
そして、新時代を象徴する技術やテクノロジーがいよいよ社会に浸透し始めるときです。

人々の暮らしは激変します。

2022年は十干・十二支、ナインコードで見ると、「壬寅(みずのえとら)」「ガイアの五黄」。

「壬」は新しい命が後世へと受け継がれるときであり、物事の終わりとはじまりを意味します。

「寅」は内に秘めた潜在的な想いが発動するときであり、人の想いこそが社会を動かすときです。

前回の壬年は2012年でした。

この年は安倍前首相率いる自民が政権を奪い返した年であり、アベノミクスが誕生。株価は上昇し、新しい施策もどんどん引き継がれ後の社会を作りました。

そして、昔はガラケーと呼ばれるものがありましたが、この年を境に、一気にスマートフォンが普及し始めました。

マーケティングの在り方がデジタルに移行し、まさに、企業のビジネスの方向性が変わったのです。

2022年はこうした系譜を受け継ぐ「壬寅(みずのえとら)」の一年。大きく社会が動き出す年であり、人の想いこそが社会を作ります。

そして、ナインコードは「ガイアの五黄(ごおう)」です。五黄年の特徴、それは人々のエネルギーが「最高潮」に高まること。

五黄の寅年は実に36年ぶり。エネルギーが高まる五黄と寅が重なるときですから、社会の動き、熱量はすざましいものとなります。

これをマーケティングに活かすも活かさないも、あなた次第です。

社会の関心は国内からいよいよ海外へ移り変わりますので、グローバル的な価値観や感性を身につけないと太刀打ちできません。

国内市場だけを相手にする時代は終わり、新しいテクノロジーや技術を使いこなせる人だけが生き残ります。

水面下で動いてきたことがようやく社会へと胎動します。

さあ、経営者、事業主の皆さん。
儲けるも儲けないも、あなたの判断にすべてがかかっています。

2021年は人々は冷静でしたが、2022年は変わって「情熱的」です。
これまでのやり方は通用しません。壬寅・五黄の年ならではの独自視点と経営センスを磨いていかなければ成功はつかめないのです。

これまでのようなマーケティング戦略を考えていては、とても対応はできません。
まったく別次元で予算の配分を考え、たくさんのリスクに備えながら、盤石のマーケティングを施していかなければ、顧客は自然と離れていってしまいます。

それほど、市場は変わりますので、マーケティング感覚を研ぎ澄まさなければ、「壬寅」「ガイアの五黄」である2022年を業績アップで乗り切ることは難しいのです。

事業においても勝ち負けがはっきりするでしょう。


「時読みの法則」に基づいて
マーケティング戦略を指南する
唯一無二の講座
『時読みマーケティング』

本講座では、十干・十二支・ナインコードの時読みの法則を徹底活用して、2022年で成功を掴むための賢く正しいマーケティング戦略を指南します。

前述したとおり、今年はマーケティング戦略に大きな変化が求められる年です。いわゆるマーケティングでいう「4P」(商品、価格、流通、広告)を徹底して見直し、時読みの法則に基づいて再構築していく必要性があります。

この年で時読みの法則に基づいて再構築した、あなたの会社の4Pは、今年の壬寅(みずのえ・とら)年には、その業界で最新鋭のものとして注目されるようになり、2023年の癸卯(みずのと・う)年はモデル化され、2024年の甲辰(きのえ・たつ)年には大きな財産を運んでくれているはずです。

これは決してあてずっぽうで言っているわけではありません。何百年もの歴史と統計から導かれたデータ(時読みの法則)から読み解いて、あなたの会社の未来を予測しているだけです。

今回、マーケティング戦略もたくさんお伝えしますが、マーケティングの生みの親ともされるフィリップ・コトラーの概念も使っていきます。

『コトラーのマーケティング理論』
  ×
『時読みの法則』
  =
【誰にもまねできない最強のマーケティング戦略】

マーケティングにはたくさんの理論があります。しかし、実践するとなれば市場調査も含めてコストも時間も莫大にかかってしまうものです。

そこで、活躍するのが「時読みの法則」です。

時読みの法則に従って行動すれば、
●2022年はどのようなマーケティング戦略が有効なのか?
●それはどんな効果を発揮するのか?

これらのヒントを事前に得ることができます。
よって、時間とコストを大幅に削減し、限りなく成功に近づくマーケティング戦略がとれるのです。


こんな方におすすめ

・2022年のマーケティング方針に悩んでいる経営者
・予算の使い方を決めかねている経営者
・商品やサービスの見直しをして、売り上げを3~5倍にしたい経営者(個人事業主)
・自社のマーケティング担当をしている方
・2022年のトレンドをいち早く知って市場で有利に立ちたい方


こんなことが学べます

・時読みの法則から読み解く2022年の市場
・壬寅だからこそ効果ででる「有効なマーケティング戦略」
・業界で次世代のリーダーとなれる「時読み式4P(商品、価格、流通、広告)の創造法」
・2022年 政府の方針をいかしたマーケティング戦略
・2024年に最大限に大きな財産をうみだすために2022年にやるべきこと
など、時読みの法則に基づいて、あなたの会社が豊かになる2022年の「マーケティング戦略」をお伝えしていきます。


概要(日時・参加方法・参加費等)

【日程】2022年6月5日(日)14時~18時
【会場】東京・神田(予定)※詳細は会場受講申込み者に直接ご案内
【講師】中野博(未来生活研究所所長 時読み講座Ⓡ主催者)
【費用】69,000円(税込み)
●『時読み講座2022年』をお買い上げいただいた方には、【特別価格49,000円】でご案内いたします!!
※支払い方法=銀行振込あるいはペイパルを選択

【受講方法】
1)会場参加
2)ZOOM参加
3)動画受講
※動画受講とは当日録画した講義を配信するスタイルです。
※動画の視聴用IDとパスワードをご案内します。
※動画視聴にはインターネットに接続した機器(パソコン等)が必要です。


時読みマーケティング2022
お申し込みはこちらから↓↓↓

『時読み講座2022』参加者・購入済みの方はこちらから
時読み講座2022購入者向け特別価格コース=49,000円
https://miraia.co.jp/tokimarke2022tokubetu/

『時読み講座2022』未購入者の方はこちらから
一般通常価格コース:69,000円(税込み)
https://miraia.co.jp/tokimarke2022ippan/